carpe diem

声優とラジオとエイトとお酒とアート。時々ドーナツ。

レイニーナイター ―泥だらけのあの頃の勲章へ

いくら大好きで応援している人の楽曲の中でも、すべてを100%大好きと言える訳では無い。自分の中でのぶっちぎり1番のお気に入りもあれば、それほど心が揺さぶられないものもあるだろう。私にとって吉野さんの「レイニーナイター」は最初きらみゅんの公式で解禁された時、まさにそれだった。

 

感想は

 

 

「うん。普通。」

 

 

ただツアーというものは不思議なもので、吉野さんやサポーターのみんなと同じ時間を共にし、重ねていく事にどんどん惚れ込む曲がある。例えるなら、気にならなかったクラスメイトが急に席替えで隣になった瞬間惚れてしまうという状況だろうか。

 

2018年のツアーを重ねていく事に私の中で「レイニーナイター」はじわりと浸透していき、好きになったのだ。

 

この曲は子供の頃、夢中になって遊んでいて近づく雨雲に気づかず、濡れてしまうものの、心の中に残る爽快感を描こうとした…といったことを雑誌で読んだ。その時はそれをさらりと流してしまったのだが、いざライブツアー情熱アンソロジーが大阪で幕を開けた瞬間、私の上に雨が降った。吉野さんがあの曲で届けたかった心の震えを実体験できた、そんな気がしたのだ。

 

レイニーナイターの真骨頂は吉野さんとサポーターによる「wowow」の声のかけあいだと思う。感情を言葉に出来ず、その高ぶりに身を任せてでてきた音こそがこのシャウトなのだ。

 

だからだろうか。

重ねていく事に、どんどん身体にその記憶が刻まれていくので自分の中で楽曲の存在が想像以上に膨れ上がっていくからこそ、小難しい理由や考察を抜きにして、ただただ「好き!」と叫びたくなる。

 

 

これを読んでくれている人にはこんな感情になは曲はあるのかな?と考えながら今日はここでフリックする指を休めようと思う。

 

 

耳の恋人?

 

それはもちろん。

 

 

レイニーナイター。