carpe diem

声優とラジオとエイトとお酒とアート。時々ドーナツ。

Dramatic Surf Coaster ―The Band A℃という名刺

吉野さんの音楽の軌跡を辿る中でとてつもなく大きな存在がツアーDramatic Surf Coasterから一緒にライブを作っているバンド、The Band A℃だとおもう。

 

ようちゃん。

まるさん。

やまちゃん。

フッキー。

もっくん。

 

この文章を書いている今、彼らの愛称を叫びたくて仕方がなくなっている。

 

今年の3月、情熱アンソロジーの札幌振替公演で思ったこと。

 

それは私は吉野裕行のライブというソロのパフォーマー以上にThe Band A℃というバンドのライブを見に行っているんだということ。

 

この楽曲は吉野裕行というパフォーマーの名刺のような作品だ。

 

みんなでこんな楽しい音を奏でているんだよ、そう語りかけてくるような歌だ。

 

だから吉野さんの曲に興味を持った友達には真っ先に勧めたくなる。疾走感やインパクトは少ないかもしれないけれど、優しく楽器と声が包み込んでくれるのがこのDramatic Surf Coasterだ。聞いているとサポーターの自分もふわりと包んでくれているのかなと思える。そして私はこんな素敵な人のサポーターなんですよ、よかったら仲間になりましょ、って手を差し出したくなる。

 

吉野さんのバンドの魅力は楽器の音が活きているところだと思っている。Kiramuneという男性声優のプラットフォームの中でどうしても「声」が先に来る。それは当たり前なのかもしれない。声を活かす音楽、というのが私の中にあった印象だ。

ただKiramuneの中でも特に吉野さんの歌活動はこのDramatic Surf Coaster後、ちゃんと楽器の音がサポートするものではなく、しっかりと届く音楽になっているような気がする。

 

だから私はThe Band A℃に会える28日が楽しみで楽しみで仕方がない。