carpe diem

声優とラジオとエイトとお酒とアート。時々ドーナツ。

「続く」 という言葉にかけるファンの想い

続く

 

to be continued

 

 

最近「続けること」について色々考えていたので今日はそんな話をポロポロとしたい。

 

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

17年近く世間一般的にニッチと分類される男性声優を追いかけてきた私はどんなコンテンツが登場しても、ついその最後を意識してしまう。これはいわば一種の癖のようなもので、今でも神谷さんや吉野さんの新曲発表があっても、いつも最後かもしれないという気持ちで発売日を迎えている。期待していない訳では無い。ただ瞬く間に消えてゆくコンテンツを目の当たりにしすぎたのか…そういう思考回路ができあがってしまっている。Kiramuneなんてその最たるもので、本当に2009年の1回きりだと思っていたし、10周年というのは当時の私にとっては夢のまた夢どころか思いつきすらしなかった。物事に終わりが来るのは至極当たり前。それがメジャーでないのであればなおさらだ。

 

最初に続いていく当たり前が崩れたのはCONNECTの活動休止だった。5周年が見えてきた矢先だった。さすがの私も続くことに安心感を抱き始めた頃だったから頭を殴られたような衝撃があった。それでも彼らが活動休止前、最後に出したアルバム【ニンゲン!ジェッター人間!!】のCDを取り出した時震えた。

 

そこにははっきりとこう書かれていた。

to be continued

続く、と。

 

 

その数年後だった、神谷さんが今度はハレプロジェクトの5枚目【ハレゴウ】を出した。CONNECTが活動休止に入った頃、1人とてつもないものを背負っていたのをファンミーティングなど参加していて感じた。それこそ私は最後を覚悟していた部分があった。

 

ハレゴウのPVはその軽快な音楽にマッチしたコミカルな時代劇風な仕上がりになっている。旅する侍に扮した神谷さんの道中をのぞくような作品だ。そのラストシーンが私はとても好きだ。目の前に広がる青空と原っぱ。台地を踏み締める侍、神谷さんの背中からパンアップして空に浮かんだのは筆で書かれたこの2文字。

 

続く

 

 

続くという言葉がファンに与えてくれる安心感は絶大だ。それは次への約束に他ならないからだと思う。先の楽しみを約束してくれるから前を見れる。前を見る楽しみがある。

 

 

そういえば関ジャニ∞の十五祭のラスト、スクリーンに浮かんだ文字もこれだった。

 

15→16

to be continued

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

 

ここ最近、スカパラ30周年を祝って彼らは音楽番組によく出演されている。ラジオ【大倉くんと高橋くん】に谷中さんが出演されて以来、私はあの素敵なおじさまたちが気になって出演されている番組を見ている。その中で1番印象に残ったのは不慮の事故で変化せざるを得なかった時の残ったメンバーの心境だった。

 

 

続けなきゃいけない、今そのまま走らないといけない。

 

 

強い人達が続けることはもしかしたら変化することを意味するのかもしれないとテレビを見ながら私は感じてしまった。

 

 

 

続くということは尊いこと。

 

そんなことを強く感じるタイミングが今年はなんと多いことか。

 

 

だからこそ私は許される限り応援している人達と共に「続く」約束のために前を向きたいと思う。